宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年2月25日(月) 9:00

県大会の優勝たたえる/佐良浜中男子バレー部

「伝統復活」に地域喜ぶ


九州大会に向け一人一人が決意を述べた=23日、市伊良部公民館

九州大会に向け一人一人が決意を述べた=23日、市伊良部公民館

 佐良浜中学校男子バレーボール部OTV杯県大会優勝祝賀会・九州大会出場激励会(主催・同校PTA、同部父母会)が23日、市伊良部公民館で開かれた。宮古のバレーボール界の関係者や地元の有識者らが集い、6年ぶり6度目の優勝を盛大に祝うとともに九州大会の活躍に期待を寄せた。



 主催者を代表して西原豪会長は、伝統のバレーボールが復活したことに感謝した上で「地域の応援が力になって優勝できた。九州大会では上位の成績を残してほしい」と激励した。


 下地敏彦市長(代読)は「宿敵の西原東を制して6年ぶり6度目の優勝を果たした。これは重ねた練習とチームワークの成果。九州大会では、ベストコンディションで臨んでほしい」と祝辞を述べた。


 次いで父母会の石原誠代表が「今後ともバレーボール部をサポートしていく」と決意を新たにした。


 舞台に監督の濱川崇さん、コーチの仲間耕平さん、主将の上原優人君らが整列すると、参加者らは大きな拍手を送った。


 濱川さんと仲間さんは、九州大会の上位進出に意欲を見せた。上原君ら選手たちは、一人一人が決意と抱負を語った。


 舞台では、同校生徒の踊りなどが披露され、盛り上げた。