2013年2月27日(水) 23:16

宮古青年会議所理事長/野津 芳仁さん(39歳)

会員の資質向上に意欲


野津 芳仁さん

野津 芳仁さん

 「今年は会員の資質と組織力向上に全力で取り組みたい」と意欲を示すのは、1月1日付で宮古青年会議所(宮古JC)の第52代理事長に就任した野津芳仁さん。



 「宮古JCは昨年、一昨年と大きなイベントがあり、これからの活動を考えても今年は会員の資質の向上を図ることが大切だと考えている。会員一人一人の資質が向上すればそれは地域の活性化にも大きく貢献することにもなる。さらに組織強化にもつながり今後の活動にも大きく影響することになる」と話した。


 新理事長としての抱負については「私たちの宮古島への思いと行動こそが地域のあるべき未来を具現化することになる。地域に喜んでもらえる事業をJCとして実施していくことが大切」と話した。


 新たな取り組みについては「昨年開催したエコフェスで参加した生徒たちからの要望の大きかったダンス大会を企画している。子どもたちがもっとダンスを披露する場がほしいとの声が強かったので今年の秋ごろに開催を予定している」と述べた。


 今後の取り組みについては「宮古青年会議所が設立されて半世紀が過ぎた。私たちは先輩たちのこれまでの努力に敬意と感謝の念を忘れずに新しい取り組みを展開することが求められている。地域に夢と希望を与える団体として自分たちにできる一歩を踏み出していきたい」と意欲を示した。


 野津 芳仁(のづ・よしひと)1973(昭和48)年9月1日生まれ。39歳。平良字西里出身。芝浦工業大学卒。大学卒業後、留学を経てリコーに入社。2007年に宮古に戻り10年に野津商事の社長に就任。宮古青年会議所には08年に入会し、11、12年に副理事長、13年に理事長就任。趣味は音楽鑑賞。