2013年3月15日(金) 9:00

大震災支援会議に寄付/県労働金庫

心のケアなどに活用へ


西理事長(右)から又吉知事公室長に支援金目録が手渡された=13日、県庁知事公室

西理事長(右)から又吉知事公室長に支援金目録が手渡された=13日、県庁知事公室

 【那覇支社】沖縄県労働金庫の西揚市理事長らが13日、県庁に又吉進知事公室長を訪ね「東日本大震災支援協力会議」に支援金を贈呈した。



 同会議は、東日本大震災の被災者受入支援を目的に、県など県内各界の関係機関で構成している組織。寄せられた支援金は、県内に移住した被災者の生活支援や心のケア、被災地から小学生や高齢者を招待する費用など、さまざまな活動に役立てている。


 同金庫は義援金振込の手数料免除や、「あしなが育英会」への口座振替方式の寄付による震災遺児支援などにも取り組んでいる。