宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年3月17日(日) 9:00

授産製品を即売/沖縄セルプセンター

県内13施設がパンなど


即売会でパンを買い求める女性客=16日、マックスバリュ宮古南店

即売会でパンを買い求める女性客=16日、マックスバリュ宮古南店

 一般財団法人沖縄セルプセンター主催の授産品即売会が16日、マックスバリュ宮古南店駐車場で始まった。きょう17日まで。宮古島では初。関係者は多くの市民の来店を呼び掛けている。



 県内にある13の障害者就労支援施設でつくられたパンや小銭入れ、茶碗などの授産製品を手ごろな価格で販売している。宮古島からは9施設が参加している。


 買い物帰りに寄った平良字下里に住む代の主婦は「施設は遠いので普段はなかなか行かれない。いろいろと楽しい物があるので、時々このような即売会をやってほしい」と話し、パンを買い求めていた。


 この即売会は4月から施行される「障害者優先調達推進法」を受け、多くの市民や事業所にPRすることで授産製品の購入や販路拡大を目的に実施している。