宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年4月3日(水) 9:00

セイタカシギ飛来/水辺のバレリーナ

与那覇湾



飛来したセイタカシギ=2日、下地の与那覇湾(撮影・伊良波彌記者)

飛来したセイタカシギ=2日、下地の与那覇湾(撮影・伊良波彌記者)

 水辺のバレリーナの異名を持つセイタカシギ(セイタカシギ科)2羽が2日、下地の与那覇湾で確認された。春の波打ち際で羽を休めていた。




 東南アジアなどで越冬している渡り鳥は、5月上旬ごろまで日本本土などへ北上する。宮古には南方から北上中に立ち寄り、休息をとってから飛び立つ。



 セイタカシギの足は長くピンク色。くちばしは細長く黒い。体の下面は白く、背と翼は黒色。成鳥は全長40㌢。



 日本では、東京湾周辺や愛知県などで繁殖が確認されている。