宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年4月14日(日) 9:00

重点に豊かな社会づくり/宮婦連総会

新年度事業計画など承認


婦人会活動に尽力した皆さんを表彰した総会=13日、下地農村環境改善センター

婦人会活動に尽力した皆さんを表彰した総会=13日、下地農村環境改善センター

 宮古婦人連合会(島尻清子会長)の2013年度定期総会が13日、下地農村環境改善センターで開かれた。同年度の活動目標には①心豊かな家庭、社会づくりへの貢献②青少年健全育成のための環境整備-などを設定した。表彰式では、地域婦人会活動を盛り上げた7学区の会長らに感謝状を贈呈した。



 あいさつで、島尻会長は12年度は中央婦人の主張大会で県知事賞を受賞し、宮古で初めて沖縄コロニー大賞を受賞した下地ヒロ子さんから元気をもらったと強調。「新年度も宮古のために堂々と胸を張って頑張ってほしい」と会員らを激励した。


 市教育委員会の垣花徳亮生涯学習部長は「皆さんのパワーが、宮古の活力につながっている」と述べ、活動の一層の充実に期待を込めた。


 13年度の事業計画は「社会には家庭の平和、沖縄の平和、世界平和など多くの課題がある。私たち婦人は、その課題を解くために組織の活性化を図り、資質向上に向けて一層まい進していく」と方針を示した。


 活動計画には①婦人の演芸会(6月)②婦人の主張大会(8月)③各種研修会開催-などを盛り込んだ。
 表彰された皆さんは次の通り。


 野原正子(多良間村会長)▽砂川恵子(上野学区会長)▽長崎琴代(久松学区会長)▽下地和子(西城学区会長)▽瑞慶覧益子(福嶺学区会長)▽下地克子(狩俣学区婦人会長)▽宮国三代子(伊良部学区婦人会)