宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年4月20日(土) 9:00

池原安栄さんに激励金/身障者連合会

チャレンジ陸上に出場



池間会長(右)から激励金の贈呈を受ける池原安栄さん=19日、青潮園

池間会長(右)から激励金の贈呈を受ける池原安栄さん=19日、青潮園

 宮古身体障害者連合会(池間太郎会長)は19日、「熊本市政令指定都市記念チャレンジ陸上大会2013」の上肢障害男子砲丸投に出場する池原安栄(あんえい)さん(31)に激励金を贈呈した。大会は21日、同市で開催される。




 身体障害者療護施設「青潮園」で行われた贈呈式で池間会長は「大会に向けて、自分の目標を設定して、宮古、全県の障害者の模範として頑張ってほしい。技術だけではなく、精神面でも優れた選手になることが大切」と激励した。
 池原さんは「旅費や大会に出場する費用等を考えると、選手一人ではこのような大会に参加することも難しい状況にある。連合会のサポートには感謝の気持ちでいっぱい」と話した。


 その上で「このチャレンジ陸上はパラリンピックに向けての第一歩。目標は9㍍78の日本記録を更新すること」と話し、自己記録の9㍍50以上の投てきに自信を見せた。「将来はパラリンピック日本代表になり、日本初となる投てきでの金メダルを取りたい」と意欲を示した。