2013年4月27日(土) 9:00

最上級ブランドを提供/南西楽園リゾート

ホテル「ザ・シギラ」開業


ザ・シギラスイートの前でテープカットをする(左から)南西楽園リゾート三國浩紀常務、宮古島商工会議所下地義治会頭、名塚社長、長濱副市長、宮古島観光協会砂川靖夫副会長と共和産業下地武義社長=26日、上野新里

ザ・シギラスイートの前でテープカットをする(左から)南西楽園リゾート三國浩紀常務、宮古島商工会議所下地義治会頭、名塚社長、長濱副市長、宮古島観光協会砂川靖夫副会長と共和産業下地武義社長=26日、上野新里

 南西楽園リゾート(本社東京、名塚憲司社長)のホテル「ザ・シギラ」のオープニングセレモニーが26日、上野新里で行われ、多くの関係者が集い27日からの開業を祝った。



 ザ・シギラは5タイプのスイートで10棟建設された。いずれも独立した棟で、同社がすでに展開している三つの南西楽園ホテルの中で最上級ブランド。27日からすでに予約が入っている。


 名塚社長は式典で「今後とも地域と密着しながら南西楽園リーゾートも頑張っていくので支援をよろしくお願いしたい」とあいさつした。


 長濱政治副市長が「このような施設ができたことは宮古島市にとっても大きな誇り。皆で大切に育てこの一帯を、そして宮古島を大いに活性化できればと思う」と祝辞を述べた。


 ザ・シギラは、南西楽園リゾートが初めて宮古島に建設したホテルブリーズベイマリーナの開業から20年の節目の年にオープンする。


 宿泊料金は5タイプのスイートで異なり、1泊2人で34万5000円(税・サ込み)から1泊4人で84万円まで(同)。料金には食事、シギラベイカントリークラブでのゴルフプレー、エステなどが含まれる。