宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年6月17日(月) 9:00

バッタ被害が発生/平良西里

キビの葉食い荒らす


サトウキビの葉が食い荒らされ被害が出ているキビ畑=16日、平良西里の畑

サトウキビの葉が食い荒らされ被害が出ているキビ畑=16日、平良西里の畑

 平良西里のサトウキビ畑で、バッタ被害が発生している。被害は局部的で、面積は約1・5㌶。畑の持ち主が14、15日に農薬を散布したが、完全な駆除には至っていない。バッタは16日も、飛び回っていた。被害は特に夏植でひどく、葉がかなり食い荒らされている。同じ畑で栽培する春植や株出にも被害が出始めた。



 バッタ被害が発生しているのは、ファミリーレストラン「ばっしらいん」東側の畑。周囲は道路や建物に囲まれ、すぐ近くにキビ畑はない。最も近い所で約100㍍離れているが、16日現在、同畑まで被害は及んでいない。



 畑の持ちは、1カ月ほど前に小さいバッタが少しいるのを確認していた。13日に、被害が広がっているのを知った。
 畑の持ち主は「なぜ自分の畑だけでバッタが大発生するのか。不思議だ」と首をかしげている。