宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年7月20日(土) 9:00

きょうから盆栽展/「今年が最高の出来」



入賞作品など計18点が展示されている盆栽展=19日、宮古グリーンセンター

入賞作品など計18点が展示されている盆栽展=19日、宮古グリーンセンター


 日本盆栽協会宮古支部(下地徹支部長)主催の第17回盆栽展が20日から平良西里にある総合園芸店「宮古グリーンセンター」で始まる。19日に出品作品の審査が行われ、下地徹さんの「ガジュマル」が最優秀賞に当たる市長賞に輝いた。盆栽展は21日まで。入賞作品など計18点が展示される。入場無料。



 今回は、第81回国風盆栽展(今年2月、東京都美術館で開催)で入選した池原一美さんのガジュマルを特別展示した。
 市長賞に輝いた下地さんのガジュマルについて、審査した新城弘志さん(日本盆栽協会八重山支部顧問)は「幹に風格があり、全体的に安定感がある。枝の張りもバランスが良い」と評価。展示作品全体については「今年がこれまでで最高の出来。幹と根の張りの安定感、バランス、枝の配置、空間の処理など、どれをとっても素晴らしい」と絶賛していた。


 盆栽展の開催時間は2日間とも午前9時から午後5時まで。
 初日の午前10時からは、同会場で選定技術や植え替えの方法などの講習会が行われる。講師は八重山支部顧問の新城さん。
 入賞者の表彰式は21日午後4時30分から同会場で行われる。