2013年9月6日(金) 9:00

「ももこ」号など優等賞/宮古地区畜産共進会

代表牛26頭を審査/11月に県出品、上位入賞期待


出品牛の厳正な審査が行われた地区畜産共進会=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

出品牛の厳正な審査が行われた地区畜産共進会=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

 2013年度宮古地区畜産共進会(主催・宮古地区農業振興会)が5日、JAおきなわ宮古家畜市場で行われた。宮古島市、多良間村から出品された計26頭が審査を受けた結果、内間次子さん所有の「ももこ」号など4頭が優等賞に輝き、11月の県畜産共進会に出品される宮古代表候補牛となった。



 開会式で農業振興会長の下地敏彦市長(代読)は「この共進会は県共進会出品牛の選抜も兼ねている。昨年は優秀賞を3頭出したが、今年も県共進会での上位入賞に向けて大いに期待している」と述べて出品者を激励した。


 県宮古農林水産振興センターの前田幹男所長は「共進会は宮古の牛が優秀であることを県内外にアピールする絶好の機会」と述べるとともに、11月の県共進会における上位入賞に期待を込めた。


 この後、審査が行われ、審査員が出品牛の体高や栄養度を1頭1頭厳正にチェックして順位をつけた。


 この結果、若雌の部1類では内間さんが優等賞を受賞、同部2類は伊山和吉さん、成雌第1類は松川晋さん、同第2類は砂川健治さんがそれぞれ優等賞に輝いた。各類上位2頭は、宮古代表候補牛となった。


 結果は次の通り。


 【若雌第1類】優等賞=内間次子(平良)ももこ号▽1等1席=與那城好美(平良)なでしこ号▽1等2席=伊良部典央(城辺)のりな号


 【若雌第2類】優等賞=伊山和吉(平良)なおみ号▽1等1席=荷川取広明(下地)えんじぇる号▽1等2席=下地文男(下地)ゆりこ号


 【成雌第1類】優等賞=松川晋(城辺)のぶこ号▽1等1席=大海(上野)まさよ号▽1等2席=松原せつ子(城辺)はまゆう号


 【成雌第2類】優等賞=砂川健治(下地)やよい号▽1等1席=宮城行雄(多良間)ゆりえ号▽1等2席=川上政彦(平良)ほしの3号