宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年9月16日(月) 9:00

走って踊って笑顔満開/12小、中学校で運動会

 宮古地区の12の小、中学校で15日、運動会が行われた。各校の児童生徒は笑顔いっぱいで走り、歌い、踊って会場を沸かせた。父母や祖父母も多数来場し、練習で日焼けした子どもたちの元気な姿に拍手喝采を送った。



平良中


特技「心をあわせて」では2年生が大縄跳びに挑戦した=15日、平良中グラウンド

特技「心をあわせて」では2年生が大縄跳びに挑戦した=15日、平良中グラウンド

 平良中学校(伊志嶺吉作校長)の2013年度運動会は同校運動場で開催された。「熱き情熱 絆を示せ 輝く汗は 勝利への道」のスローガンの下、563人の生徒がリレーやダンス、大縄跳びなど趣向を凝らした演目に挑戦した。


 今年4月に入学した1年女子は、「リズムダンス」で元気な踊りを披露し、運動会を盛り上げた。


 2年生の各クラスは、特技「心をあわせて」で大縄跳びに挑戦。これまで練習してきた成果を発揮して、成功の回数を競い合った。


 そのほか、3年生は制服姿でフォークダンスを踊り、少し緊張しながらも音楽に合わせてステップを踏み、中学生活最後の運動会の思い出を作った。