宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年11月9日(土) 9:00

自分の生活自分で守ろう/下地診療所の打出院長

下地小で健康講話


講話を熱心に聞き入る子どもたち=8日、下地小学校体育館

講話を熱心に聞き入る子どもたち=8日、下地小学校体育館

 下地小学校(与那覇止校長)で8日、3~6年118人とその保護者を対象にした健康講話があった。下地診療所院長の打出啓二さんが「子どもの健康管理について」と題して講話。子どもたちは、健康生活(栄養・運動・休養・睡眠など)の大切さを学んだ。


 健康な生活について正しい理解を図り、「自分の生活は自分で守る」という意識を高め、児童自ら健康に良い生活行動が実践できるようにするなどが目的。


 打出さんは、子どもたちに健康度チェックとして▽三度しっかり食べ、色々な種類の食べ物を食べている▽スナック菓子を食べない▽炭酸飲料を飲まない-など項目を質問し、アドバイスした。


 打出さんは、健康について「正しい食事(1日3食、規則正しく、おいしく食べるなど)を取り、適度な運動(1日1万歩以上歩くなど)を行い、十分な睡眠(小学生は1日10時間程度)を取る」と強調した。