宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年11月23日(土) 9:00

沖縄宮古法人会長に就任/湧川 弘範氏(51歳)

税の啓発活動へ全力投球


湧川 弘範氏(51歳)

湧川 弘範氏(51歳)

 沖縄宮古法人会の理事会で会長に承認された。50代の若い会長誕生に周囲の期待は大きい。早速、多良間村に出向き、税制改正に関する提言を村長に行うなど、行動力とフットワークの軽さをアピールした。「組織は幅広い年齢層の人がいた方が良い。さまざまな意見を取り入れ、最終的には会長が責任を負うという使命感を持って当たりたい」と抱負を語った。


 法人会は全国規模の組織で、宮古地区での会員数は220社。公正で健全な税制を目指してさまざまな提言を行うほか、各種研修会やセミナーなどを通して企業経営に求められる知識や情報を提供している。


 将来の納税者である児童生徒たちへの啓発活動も重要だ。


 租税教室では子供たちの興味を引こうと、1億円のレプリカを持ってもらい重量を実感させたり、クイズ形式を取り入れたりするなど、さまざまなアイデアで税の仕組みや意義、役割などを教えている。


 「全国の例を挙げると、落語で面白おかしく紹介したり、ヒーローたちが登場したりとバラエティー豊か。パターン化せずに、宮古ならではの独自の方法も模索していきたい」


 従来までの様式にとらわれない新しい発想で、組織に新風を吹き込みたい考えだ。


 湧川弘範(わくがわ・ひろのり)1962(昭和37)年7月23日生まれ。51歳。平良西里出身。明星大学卒。93年沖縄宮古法人会青年部会理事、同会副部会長、同会部会長を務め、2013年同部会卒業、相談役に就任。法人会理事、副会長を経て2013年10月現職。任期は15年3月31日まで。宮古測量設計コンサルタント社長。