2013年12月1日(日) 9:00

宮古上布の発展祈願

創製者、稲石刀自に感謝


稲石香炉前で柏手(かしわで)を打ち、宮古上布の発展を祈願する長濱理事長=30日、宮古神社

稲石香炉前で柏手(かしわで)を打ち、宮古上布の発展を祈願する長濱理事長=30日、宮古神社


 宮古上布創製者、稲石刀自の功績を顕彰する稲石祭(主催・宮古織物事業協同組合)が30日、旧宮古神社跡地の稲石香炉前で行われた。関係者が一堂に会し、香炉に手を合わせて宮古上布の末永い継承に決意を新たにした。



 主催者を代表して同組合の理事長を務める長濱政治副市長は「宮古上布は500年以上前に創製され、それが宮古を支えてきた。われわれは宮古上布をしっかりと継承し発展させる責務がある。稲石がこれまで宮古島に与えてきた功績に感謝したい」とあいさつした。
 稲石の夫真栄は中国から帰国途上の琉球の進貢船を遭

難から救ったことで、下地の頭に任じられた。稲石は、夫の栄進に感激し、その恩に報いようと布を織り、琉球王に献上。この織物が宮古上布と呼ばれるようになった。現在は国指定の重要無形文化財、県指定の伝統工芸品。


  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2013年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2