宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年12月11日(水) 9:00

19団体がけいこの成果/市民総合文化祭芸能祭

19団体がけいこの成果を舞台に繰り広げた市民文化祭芸能祭=8日、マティダ市民劇場

19団体がけいこの成果を舞台に繰り広げた市民文化祭芸能祭=8日、マティダ市民劇場

 第8回市民総合文化祭の芸能祭(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が8日、マティダ市民劇場で行われた。舞踊研究所や三線・太鼓同好会など19団体が出演。「揃(する)い響(とぅゆ)まし」と銘打ち、世代を超えて子供やお年寄りたちが日ごろのけいこの成果を披露した。会場には大勢の市民らが訪れ、舞台で繰り広げられる芸能の数々を楽しんだ。



 宮古民謡協会による「とうがにあやぐ」「大世栄」で華やかに幕開け。徳八流太鼓キミの会の息の合った太鼓の響きがステージを彩った。


 久田流池間澄舞踊研究所が「鷲の鳥節」で洗練された踊りを披露すると、琉球舞踊穂花会湧川絢子練舞場は「谷茶前」の沖縄民謡で漁と魚売りをコミカルに表現した。


 舞台では日舞やフラダンス、太鼓演舞など、新旧入り交じった幅広い芸能が最後まで観客の目を引き付けていた。


 主催者を代表してあいさつした市文化協会の大城裕子会長は、古くから伝わる伝統芸能の継承や新しい文化の創造が文化振興につながることを強調。今後とも文化芸術による地域づくりを積極的に支援していくとした。


 そのほかの出演団体は次の通り。(プログラム順)


 野村流古典音楽保存会宮古島支部▽島袋本流紫の会神里美代子琉舞練場▽玉城流敏風会池間美代子琉舞研究所▽花柳流日舞教室▽佐良浜三味線同好会▽野村流古典音楽保存会古波蔵峰子教室▽琉球舞踊穂花会亀浜律子練舞場▽琉球國祭り太鼓宮古支部▽久田流澄の会池田千香子舞踊研究所▽アイラナフラスタジオ▽宮古民謡保存協会▽久田流根間幸子舞踊研究所▽新風太鼓▽島袋本流紫の会前里博美琉舞練場▽久田流家元久田多嘉子舞踊研究所-。

  • 宮古島の人口

    令和2年4月1日現在

    宮古島市 54,458 人
    27,460 人
    26,998 人
    世帯数 27,853 軒
    多良間村 1,111人
    602 人
    509 人
    世帯数 514 軒
  • 天気


  •  

    2013年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2