2013年12月21日(土) 9:00

「方言使わない」9割/宮古の児童生徒

衰退の実態浮き彫り/「広める会」がアンケート調査


 「方言を使わない」と「ときどき使う(ほとんど使わない)」を合わせた児童生徒が、9割を超えることが「宮古方言を広める会」(佐渡山力会長)のアンケート調査結果で分かった。ほとんどの子どもは、方言の聞き分けもできていない。佐渡山会長は「方言衰退の実態は予想通りだった」と話した。



 アンケート調査は宮古の児童生徒を対象に11月に行い、795人(小学生402人、中学生393人)から回答があった。


 方言を広める会は、有志らでつくるボランティアグループ。先祖から引き継いだ方言を保持・継承し広める目的で2010年頃発足した。


 佐渡山会長は、方言が復帰後急速に衰退した理由に①テレビの普及②核家族化③若い父母らが方言を話せない-などを挙げた。


 普及には「何より聞かすことが重要。自分も近所のおばさんたちのお茶のみ話を聞いて覚えた」と強調する。


 方言を聞いても「全く分からない」は小学生38%、中学生48%。「少し分かるは小学生60%、中学生50%で両回答を合わせ9割以上が、方言を理解できていない。「よく分かる(2%)」は、3世代家族で育っているとみる。


 一方「方言をなくさないようにしたいと思うか」の問いには、約半分が「思う」と答えた。方言を話せなくても継承の大切さは認識しているようだ。「方言を習いたいと思うか」の問いには、小学生の40%、中学生の30%が「思う」と答え、方言学習への関心の高さをうかがわせた。


 標準語の方言表記の質問項目をみると「ありがとう=タンディガータンディ、スディガフウ」の正答率が小中学とも最も高く5割。「猫=マユ」や「友達=ドゥス」も中学生では10%を超えまずまずの認知度。「朝=ストゥムティ」や「歌=アーグ」は1~2%と低く、身近な方言でもほとんど分かっていない。


 方言の共通語表記では「ボーチラ=やんちゃ」が小学生21%、中学生33%と割合が高い。「アララガマ=何くそ」は小学10%、中学15%。「がんずう=健康」は小学14%、中学15%。大人がひんぱんに使い、マスコミでよく耳にする言葉でも浸透していない。


 佐渡山会長は「方言を使わせる対策では行政がテキストを作成し、それによる指導が最も実効性があるのでは」と提言している。


 沖縄(宮古)における方言使用は、戦前には標準語励行令が発令され禁止となった。現在は衰退を受け逆に、絶滅の危機感をもって普及を叫ぶようになった。ユネスコは宮古方言を世界絶滅危惧言語に指定している。

  • 宮古島の人口

    平成29年8月1日現在

    宮古島市 54,077 人
    27,003 人
    27,074 人
    世帯数 26,244軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 529 軒
  • 天気


  •  

    2013年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2