2014年1月13日(月) 9:00

重見が100㌔総合初V/ワイドーマラソン

女子は山澤、11連覇/50㌔ 地元の諸井制す
完走率82・92%


100㌔の部で総合初優勝のゴールに飛び込む重見高好=12日、うえのドイツ文化村

100㌔の部で総合初優勝のゴールに飛び込む重見高好=12日、うえのドイツ文化村

 第24回宮古島100㌔ワイドーマラソン大会(主催・宮古島市など)が12日、市上野のうえのドイツ文化村をゴールに宮古本島一円で行われた。100㌔の部は長野県の重見高好(31)が7時間9分18秒で総合初優勝を飾った。女子は茨城県の山澤洋子(46)が8時間42分34秒で制して大会11連覇を達成した。100㌔には616人が挑戦し、432人が完走した。その他4部門を含む出場総数は1317人。1092人が完走し、完走率は82・92%だった。


 この日の宮古島地方は晴天。気温は朝からぐんぐん上昇し、午前9時から10時にかけて20度に達した。最高気温は23・2度(午後2時31分)だった。


 出場選手は強い太陽光と海風を全身に浴びながら力走し、新春の宮古路を全力で駆け抜けた。


 レースは100㌔のほか4部門で行われた。171
100㌔女子の部で11連覇を達成した山澤洋子=12日、うえのドイツ文化村

100㌔女子の部で11連覇を達成した山澤洋子=12日、うえのドイツ文化村

人が出場した50㌔は宮古島市の諸井勇人(28)が3時間24分59秒で総合優勝を果たし、女子は東京都の能勢結希(43)が制した。時間は4時間4分39秒。


 21㌔男子は浦添市の下地由祐(23)が1時間15分48秒で連覇を達成。女子は宮古島市の石川敦子(35)が1時間36分9秒で勝った。


 10㌔の男子は宮古島市の中島彰吾(27)、女子は同市の國仲舞(16)が優勝を飾った。


 最長100㌔は夜明け前の午前5時にうえのドイツ文化村をスタート。来間島、池間島を含めて宮古本島をほぼ一周するコースで616人が限界に挑んだ。


 優勝した重見は、前回優勝者の吉田隆太(岡山県)と序盤から抜け出し、50㌔まで並走した。その後60㌔にかけてペースアップし、吉田を突き放して初優勝を決めた。2位は吉田、3位は神奈川県の増田健太郎。


 一方の女子は山澤が安定感を発揮。「きょうは暑さと風に苦しめられた」と振り返るが、序盤からトップに出るとそのまま最後まで譲らず、11連覇達成のゴールに飛び込んだ。


 その他の4部門でも出場選手は力走。沿道では多くの市民が声援を送り「ワイドー、ワイドー」の掛け声で背中を後押しした。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2