2014年3月4日(火) 9:00

池間、知念、平良決勝リーグへ

第36期宮古本因坊戦で熱戦


 第36期宮古本因坊戦(主催・宮古毎日新聞社、主管・日本棋院平良支部、協賛・こすみ囲碁教室)が2日、同教室で行われた。20人の有段者が参加し、ブロックトーナメントの結果、池間博美六段(名誉宮古本因坊)、知念一将六段、平良博彦六段が9日の決勝リーグに勝ち進んだ。



 同リーグのメンバーは、予選を突破した3人と池田友彦現本因坊の計4人。池田の2連覇なるか、ほかの3人の返り咲きなるかが注目される。
 開会式で平良覚宮古毎日新聞社長は「本因坊戦にふさわしく、白熱した戦いを期待している」とあいさつした。
 池村浩明日本棋院平良支部長は「36回は素晴らしい歴史。宮古毎日新聞社の主催と囲碁愛好者の参加のおかげ」と感謝した。


 対局は三つの組に分かれ、白番が6目半のハンディをもらう互先で行った。
 A組決勝は池間六段と下地恒輝六段の対戦。白番の池間六段は、地合で先行し逃げ切った。今回は本因坊戦復帰後、4度目の挑戦。「決勝リーグは勝敗を抜きに楽しみながら打ちたい」と静かな闘志を見せた。


 B組の知念六段は池村浩明六段との乱戦を制した。「2局とも運が良かった。決勝リーグでも全力を尽くしたい」と気合いを入れた。知念六段は33、34期の本因坊。


 C組の決定戦には平良六段と仲間勝之六段が勝ち進み、平良六段が中盤で要石を取り押し切った。平良六段は通算5期の優勝経験者。「最強メンバーと打てるのが楽しみ」と、6回目の優勝に照準を当てた。


  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年3月
    « 2月   4月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2