2014年4月30日(水) 9:00

「親の仕送りで生活」自立にはほど遠く

宮古島市14年度予算を家計に置き換え


 宮古島市は2014年度当初予算(一般会計)を年間に必要な生活費500万円の家計に置き換えて算出した。それによると、自ら稼いだ給料(市税)は60万円、臨時収入(負担金・使用料など)30万円で、足りない分は親からの仕送り(地方交付税、各種交付金など)に頼っている。ローンを組んだり、預貯金を取り崩したりするなど、自立にはほど遠いのが実情だ。



 市の予算書は500㌻以上に及び、市民がこれを理解するのは至難の業。
 このため市は、市民に予算を身近に感じて関心を持ってもらおうと、数年前から家計簿に置き換えて市の広報誌で紹介している。
 市の14年度の一般会計当初予算は、歳入歳出総額367億4800万円で過去最大規模となった。


 これは、中央図書館等建設に向けた実施設計費や用地購入費、スポーツ観光交流拠点、ごみ処理施設等整備事業などの大型事業の導入で、国庫支出金(親から特別にもらう仕送り)が前年度に比べて増加したことなどに伴うもの。
 さらには、生活保護費などの社会保障の伸びなども要因となっている。


 市の予算を家計簿にした場合、収入で最も多いのが親からの仕送り、次に親から特別にもらう仕送り(小遣い)で、二つ合わせた金額は350万円。全収入(500万円)の70%を占めている。
 公共事業などの資金として長期に借り入れる市債(ローン借入)が65万円で、年額給料(60万円)を上回っている。


 一方、支出を見ると、人件費に当たる「食費」が90万円、委託料や使用料、物品調達などの物件費に当たる「光熱水費、通信費」は64万円となっている。
 食費や光熱水費などは年々切りつめて少なくしているが、自宅(公共施設など)の増改築や修繕費が148万円と多額で家計を圧迫している。


 資産を見ると、預貯金の総額が129万円あるが、ローンの残高が490万円あり将来に不安を抱えている。
 安谷屋政秀総務部長は「市の財政は国や県に援助してもらわなければ自立できない状況。市の予算も家計簿も仕組みは同じ。市民生活に密着しており、身近に感じてもらえれば幸い」と話している。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年4月
    « 3月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2