宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2014年6月11日(水) 9:00

新ごみ焼却施設着工/懸案事項が本格始動

完成は16年3月を予定


くわ入れで工事の安全を祈願する下地市長(中央)と川崎技研の田中基壹社長(左)、沖縄チャンドラーの福田利夫社長=10日、平良西仲宗根

くわ入れで工事の安全を祈願する下地市長(中央)と川崎技研の田中基壹社長(左)、沖縄チャンドラーの福田利夫社長=10日、平良西仲宗根

 宮古島市の新ごみ焼却施設等の建設工事が10日、現施設に隣接する平良西仲宗根の建設用地で始まり、長年の懸案事項が本格的に動き出した。工期は20カ月を予定し、早ければ2016年3月に完成する。同日は建設現場で安全祈願祭が行われ、下地敏彦市長や関係各社の代表が参加して工事の安全を祈願した。


 新しく建設される焼却施設は地下1階、地上5階の建物。建築面積は焼却棟が2520平方㍍、管理棟が583平方㍍。1日63㌧の処理能力を持つ。


 現施設に比べてごみの臭気に配慮した設計で、騒音防止対策も施す。すべてのごみが建屋内で処理されるため景観上も良くなる。


 ごみピットは2層構造とし、搬入側とストック側に分けて安全に処理作業を行う。ピットの容量が大きいため、災害時などで一時的にごみが増えた場合でも1週間ストックできる。


 焼却に伴う排ガスは、二次燃焼室で完全に燃焼させる。排ガス中のダイオキシン類や塩化水素など有害物質は、ろ過式集じん器等の設備で除去する。


 建設費は約32億6000万円。このうち2分の1は国の循環型社会形成促進交付金、残りは合併特例債や起債を充てる。工事は川崎技研・共和産業・佐平建設特定建設工事共同企業体が請け負う。


 安全祈願祭には多数の関係者が参加し、玉串奉納やくわ入れなどの儀式で工事の安全を祈願した。


 下地市長は、建設地が決まらず二転三転した懸案事項に触れ「現施設が停止した場合のことを考えると心配だった」と述べ、工事が始まったことで懸念が解消に向かうと安堵した。その上で「新しい施設は悪臭を出さないし、環境に配慮した設計が施されている。これからも地域住民の生活に影響が出ないように進めていきたい」と話した。


 新ごみ処理施設全体の敷地面積は2万6300平方㍍。造成工事は昨年10月に着工、このほど完了した。

  • 宮古島の人口

    令和2年7月1日現在

    宮古島市 54,986 人
    27,781 人
    27,205 人
    世帯数 28,259 軒
    多良間村 1,107人
    599 人
    508 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年6月
    « 5月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2