2014年6月17日(火) 8:55

「万国之津梁」(行雲流水)

 沖縄の歴史を語るとき、「万国津梁(しんりょう)」という言葉が好んで使われる。「世界の架け橋」という意味で、海外に雄飛する沖縄の象徴としてよく引用される。2000年、先進国の首脳が世界の諸問題を協議した「九州・沖縄サミット」の会場は名護市部瀬名にある「万国津梁館」であった。沖縄平和賞の授賞式もここで行われる。知事室には「万国津梁の鐘」の銘文を書き写した書が掲げられている


▼「万国津梁の鐘」は1456年、尚泰久王によって鋳造され、首里城正殿に掲げたもので、次のような意味の銘文が刻まれている。琉球国は南海の景勝の地にあって、朝鮮のすぐれたものを集め、中国と日本とは非常に親しい関係にある。この二国間にあって、湧き出る所の蓬莱(ほうらい)の島(理想郷)であり、「舟櫂を持って万国の津梁となす」(以下略、原漢文)


▼琉球の交易立国と、万国の共存共栄を実現することを国是として宣言したものである


▼琉球の交易は東アジアだけでなく遠くシャム(タイ)やマラッカ辺りまで展開された。その浮沈が、明国との冊封関係や薩摩の侵攻、ポルトガル、イスパニアのアジア進出等の複雑な影響を受けながら、琉球王国は400年も続いた


▼その間、各国との交流によって、多様な文化の移入や融合などの刺激を受けながら、独自の文化を開花させた


▼このたび、平良榮賢さんから母校・宮古高等学校に「萬國之津梁」と書かれた扁額が贈られた。後輩が、気概を持って広い世界に羽ばたくように、との願いが込められている。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2014年6月
    « 5月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2