宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2014年7月20日(日) 9:00

波照間のお年寄り来島/池間で民泊交流

医師同伴要介護者も/受け入れ家族と対面式


池間島と波照間島の皆さんが対面した交流会=19日、池間島離島振興総合センター

池間島と波照間島の皆さんが対面した交流会=19日、池間島離島振興総合センター

 日本最南端の「波照間島(八重山郡)」のお年寄りが19日来島し、池間島で民泊交流した。来島したのは小規模多機能型居宅介護事業所「すむづれの家」の利用者ら約40人。医師や保健師らが同行し、要介護者をも島外の旅に連れ出した。池間公民館で交流会が開かれ、波照間のお年寄りたちは土産に唄、三線、踊りをプレゼント。池間の皆さんは伝統芸能の「クイチャー」を踊り歓迎した。



 今回の交流は3年前に「すむづれの家」が開所した時、同施設の職員がNPO法人いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)で研修したのがきっかけとなった。


 池間島と波照間島は、池間の人たちが製糖期に出稼ぎに行くなど、経済的なつながりも深い。「すむづれの家」の利用者に「どこに行きたいか」とアンケートを取ったところ、宮古島を希望する人が多く、今回縁のある池間島民泊が実現した。


 一行は午前9時45分に波照間島を出発し、石垣空港で飛行機に乗り午後4時すぎ宮古空港に到着した。


 池間島離島振興総合センターでは、民泊受け入れ家族との対面式が行われた。池間島の家族らは一人一人と握手を交わし歓迎した。


 前泊理事長は「島を出ることが難しい皆さんが、よく池間島まで来てくださった。池間島の心と池間島ならではの料理でもてなしたい。長生きして何回も来てほしい」と来島を喜んだ。


 交流会は会場を池間公民館に移して開かれた。


 舞台は「波照間島節」で幕を開けた。この日のためにと練習を重ねてきた皆さんの唄、三線は息ぴったり。歌い終わると、会場のみんなが大きな拍手を送った。続いて宮古民謡の「なりやまあやぐ」「デンサ節」「おとめ心」「美ら清ら宮古島」「安里屋ユンタ」などが披露され、盛り上がった。

  • 宮古島の人口

    令和2年7月1日現在

    宮古島市 54,986 人
    27,781 人
    27,205 人
    世帯数 28,259 軒
    多良間村 1,107人
    599 人
    508 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年7月
    « 6月   8月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2