2014年10月30日(木) 8:55

天願 福一さん(87歳)(伊良部字佐和田)

「恋愛楽しかった」


天願福一さん

天願福一さん

 「人生の中で一番楽しかったのは、結婚前の恋愛でした。3年くらい恋愛は続き、お互いの両親の許しを受けて結婚した」と照れながら振り返り、そばで聞いていた同窓生の妻サダ子さんは笑顔を見せる。


 天願さんは、8人きょうだいの長男で上から2番目に生まれた。伊良部国民学校を卒業すると、農業で家計を立てる両親の手伝いをした。サトウキビを原料にした黒糖作りに汗水を流した。


 「当時はキビを圧搾するサーターグルマ(砂糖車)を借りてきて、三つの歯車の心棒は馬に引かせて回転させた。歯車の間にキビの茎を差し込んで搾り、絞り汁は大きな鍋で煮詰め黒糖に仕上げた」と話す。


 多量の黒糖は、伊良部南区の渡口の浜を母港にしていた連絡船に乗せ、宮古本島の平良港まで輸送した。


 「黒糖の取り引きは父がしていたので、詳しい取引額は分からない。しかし、父の手元に大金が入り、帰宅する時はとても母が喜んでいた」と回想する。


 「マグロの刺し身や妻の手料理が大好き。これが健康を保つ秘けつだ」と笑った。


 子供5人、孫10人、ひ孫7人。
 1927(昭和2)年8月20日生まれ

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2014年10月
    « 9月   11月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2