2014年12月2日(火) 8:55

「沖縄文化協会賞」(行雲流水)

 本永清さんは研究者である前に文学者である。『春の宴』という文章がある。庭の花が日の光に輝き、雲の流れに陰る様子が繊細にとらえられている。そこにやってきた蜜蜂が、風に揺れる花から花へと動きまわっている。彼は詠む「幸ひを求めてブッセの春の旅」。そこには、生きとし生けるものへの共感がある。その生きものたちの春の宴のなかで彼は思う。「明日は私の誕生日、妻からのプレゼントがほしい」。聞こえてくる『愛の賛歌』


▼「崖から身を投げた人々はまだ地上に達していない」。以前、彼の書いた一行は、悲惨な戦争の記憶を風化させまいという思いを、読む人に喚起させる


▼彼は文学者である前に、多分、野山や海岸を駆け回る少年であった。知る人ぞ知る、彼はヤシガニ獲りの達人である


▼子供の「驚く心」を失わず、彼はそれを磨きあげ、知的探求心へと高めていった。ひたむきさも、そのままに。森の大木に登って枝葉に身を隠し、秘密のベールに包まれた祭祀(さいし)の様子を観察したことがある。一時、教職を離れて本土の出版社に就職、理想の生き方を模索したこともある


▼社会の常識など、何ものにもとらわれず、澄んだ眼で真実を追究する。これこそが科学者の態度であろう。それに郷土愛が伴って、歴史や文化の真実、日常に潜む深層を解明して、故郷をより重厚なものにしている


▼このたび、本永清さんは、宮古の言語や民俗、文化等の研究が高く評価され、沖縄文化協会賞・金城朝永賞を受賞した。これまでの精進をたたえ、喜びたい。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年12月
    « 11月   1月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2