2015年1月14日(水) 9:00

平均糖度13・87度に上昇/宮糖城辺工場、操業から1週間

8割のキビ、基準以上


キビが次々と搬入され活気づいている=13日、宮古製糖城辺工場

キビが次々と搬入され活気づいている=13日、宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺工場は13日、2014-年期産サトウキビ製糖操業を7日に始めてからちょうど一週間を迎えた。操業初日の平均甘蔗糖度13・73度と比べて若干上昇し、13・87度の水準を推移した。全体の8割を超えるキビが基準(13・1度)以上を占めており、農家に明るい朗報となっている。


 今期栽培面積は1681㌶で、作型別では夏植え855㌶、春植え124㌶、株出し702㌶。生産量は前期よりやや少ない10万5000㌧を見込む。製糖終了は3月中旬ごろを予定している。


 13日までに9759㌧(約10%)が搬入された。搬入量の内訳はハーベスター6183㌧、手刈り3576㌧。最高糖度17・3度、最低糖度10・7度、平均糖度13・87度。


 今期の各工場の生産量見込みは、既に操業している宮糖伊良部工場が6万1000㌧、宮糖多良間工場2万1000㌧、沖縄製糖宮古工場15万㌧。同城辺工場を含めた全体の生産量は計34万㌧と予想している。 


 各工場では連日、キビを積んだ大型トラックが次々と搬入。各工場ともフル稼働で活気づいており、引き続き無事故・無災害に万全な体制で取り組んでいる。


 宮糖城辺工場では「今後冷え込みが続くと、糖度は上昇する」と期待を寄せている。

  • 宮古島の人口

    令和元年5月1日現在

    宮古島市 54,579 人
    27,494 人
    27,085 人
    世帯数 27,537 軒
    多良間村 1,145 人
    615 人
    530 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年1月
    « 12月   2月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2