宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年1月23日(金) 9:00

親柱「橋名板」を設置/伊良部大橋

開通式向け準備着々/いよいよ完成へ


重厚な黒御影石の親柱(橋名板)が設置された=22日、伊良部大橋の平良側の起点

重厚な黒御影石の親柱(橋名板)が設置された=22日、伊良部大橋の平良側の起点

 今月31日に開通する伊良部大橋の親柱となる「橋名板」が22日、平良側の大橋の起点に設置された。24日には伊良部側にも設置される。平良側の親柱には伊良部島向け右側に漢字で「伊良部大橋」と記され、左側の親柱には「平良下地島空港線」と記される。親柱に記された文字は、開通式の日にお披露目される予定。


 この親柱は、中国から取り寄せた黒御影石で「伊良部大橋」と記された方は横が6㍍87㌢、高さが58㌢。「平良下地島空港線」と記された方が横幅4㍍85㌢、高さ58㌢となっている。


 31日には伊良部側の大橋終点にも同様に親柱が設置され、伊良部側には平仮名で「いらぶおおはし」と記され、もう一つは平良側起点と同じ「平良下地島空港線」と記されているという。


 午前九時から始まった設置作業では、黒光りする重厚な御影石を工事関係者がゆっくりと設置し、31日の開通に向け着々と準備を整えていた。