2015年3月24日(火) 9:00

池間、平良、真栄城決勝へ/本社主催

知念本因坊に挑戦/創刊60周年記念宮古本因坊戦


熱戦が繰り広げられた宮古本因坊戦=22日、こすみ囲碁教室

熱戦が繰り広げられた宮古本因坊戦=22日、こすみ囲碁教室

 宮古毎日新聞創刊60周年記念の第37期宮古本因坊戦(主催・宮古毎日新聞社、主管・日本棋院平良支部、協賛・こすみ囲碁教室)の1次予選が22日同教室で行われた。25人の有段者が参加しブロックトーナメントの結果、池間博美名誉本因坊(六段)、平良博彦六段、真栄城佑次六段が29日の決勝リーグに勝ち進んだ。決勝リーグは知念一将現本因坊と予選を突破した3人の計4人で行われる。



 開会式で宮古毎日新聞社の平良覚社長は「創刊60周年の中で、本因坊戦は37回を迎えた。本紙の歴史は宮古囲碁界とともに歩んできた。記念大会を大いに盛り上げてほしい」とあいさつした。


 池村浩明日本棋院平良支部長は「宮古毎日新聞とこすみ囲碁教室のつながりに歴史を感じる。盤上に打つ一手一手や一局一局が大会の歴史をつくる」と述べ、力いっぱいの戦いに期待を込めた。


 対局は三つの組に分かれ、白番が6目半のハンディをもらう互先で行った。


 A組決勝には平良六段と本村尚三五段が勝ち上がった。白番の平良六段が右辺に大きな地を囲い中押し勝ち。平良さんは「危ない場面もあったが乗り切った。決勝リーグは最強メンバー。一つでも多く勝ちたい」と返り咲きに意欲を見せた。


 B組はベテランの池田友彦六段と若手真栄城六段の顔合わせ。黒番の池田六段に手痛いヨミ違いがあり投了となった。真栄城六段は3回目の決勝リーグ入り。「決勝は池田さんのミスに助けられた。今回は3度目の正直で優勝したい。相手は全員格上なので挑戦する気持ちで打ちたい」と初優勝を視野に入れた。


 C組は池間六段と亀川実六段が対戦した。序盤は黒番の池間六段が有利に打ち進めた。中盤、池間六段にミスが出て白が逆転。その後、白は大石の死活を間違えてコウにされた。黒はコウの代償で得を重ね、2目半差で勝った。


 池間六段は本因坊戦復帰後、5回目の挑戦。「普段通りに悔いのない碁を打ちたい」と語った。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2015年3月
    « 2月   4月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2