2015年4月11日(土) 9:00

新鮮トウガン大人気/とうがんの日キャンペーン

市民どっと、3000玉完売/地産地消をアピール


1玉100円で特売されたトウガンを買い求める市民=10日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

1玉100円で特売されたトウガンを買い求める市民=10日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

 トウガンの魅力を広く市民にアピールする「とうがんの日」キャンペーンが10日、JAファーマーズマーケットあたらす市場で開かれた。1玉100円の大特価で販売されたトウガンは大人気。市民らがどっと押し寄せ、地元で取れた新鮮な生産物を買い求めた。実行委員会が準備した3000玉はこの日で完売。ビタミンCを豊富に含んだヘルシー健康野菜の人気の高さをうかがわせた。


 毎年4月10日は「とうがんの日」。県経済連が1998年に制定した。宮古島市は2007年2月にトウガンの拠点産地として県の認定を受け、今では宮古地区出荷野菜の重要品目に位置付けられている。


 キャンペーンは地産地消と消費拡大を狙って実施しており、ファーマーズマーケットは毎年多くの市民でにぎわいを見せている。
 開始セレモニーで実行委員長を務めるJAおきなわ宮古地区本部の新城武一郎本部長が「今年も県、宮古島市、生産者、関係機関と協力して安心・安全な宮古島産トウガンを広くアピールしたい」と強調。「来客者にはレシピを配布し、トウガンの豊富な調理方法を周知しながら消費の拡大を図りたい」と述べた。


 県宮古農林水産振興センターの安里和政所長は「宮古島市のトウガンはトップブランドとしての地位を確立している」と品質を高く評価し、「これからも部会活動の充実と生産技術の向上にまい進していただくよう期待する」と述べた。


 下地敏彦市長(代読)は宮古島産トウガンを積極的にアピール。「生産農家が丹精込めて栽培した安全安心で良質なトウガンを安価な価格で販売する。市民の皆さん、おいしいトウガンをご賞味いただきたい」と来場者に呼び掛けた。


 最後に副実行委員長の真壁恵修さんが「安全で安心なトウガンを地元のたくさんの方々に食してもらうことで地産地消につなげていきたい」と述べ、キャンペーンの開始を宣言した。


 午前9時に始まると入り口で待っていた市民はどっと市場入り。山のように積まれたトウガン販売コーナーに駆け寄り、形や大きさを見比べながら1人2玉を購入していた。


 会場ではJA女性部によるトウガンを使った創作料理の試食ほか、みゃーくの味加工推進協議会が作ったトウガンパイなどの販売も行われた。訪れた市民の多くが豊富なトウガン料理の作り方を学んでいた。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2015年4月
    « 3月   5月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2