宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年6月16日(火) 9:00

伊良部大橋を初疾走/ツール・ド・宮古島

184㌔は杉本(浦添)総合V/114㌔は高良、男女とも県勢制覇


独走でゴールする184㌔部門を制した杉本雄隆=14日、平良久松のトゥリバー地区

独走でゴールする184㌔部門を制した杉本雄隆=14日、平良久松のトゥリバー地区

 初めて伊良部大橋がコースに盛り込まれた第8回ツール・ド・宮古島2015(主催・宮古島市ほか)のロードレースが14日、市平良久松のトゥリバー地区をスタート・ゴール地点に行われた。184㌔では昨年100㌔を制した杉本雄隆(20)=浦添=が2位に2分29秒差をつけて優勝。同女子は2度目の挑戦となった仲村陽子(42)=浦添=が制した。また、114㌔は高良和郎(22)=宜野湾=がゴール直前の競り合いを制して総合優勝。同女子は大石育子(43)=沖縄=が制した。


 今年の大会は、114㌔部門と184㌔部門で行われ、184㌔が午前7時に、114㌔が同7時10分にトゥリバー地区をスタートした。


 184㌔には112人、114㌔には336人が出場。梅雨明けして真夏の日差しが照りつける宮古路で、合計448人のアスリートたちがそれぞれのドラマを展開した。


 114㌔は、途中集団から抜け出した早瀬憲太郎(42)=神奈川県=が逃げ切りを図ったが、ゴール間際に集団に吸収され、最後は団子状態でゴールに流れ込み、最後は高良が大接戦を1秒差で制して優勝した。


 184㌔は、昨年大会で100㌔を制した杉本が先行逃げ切りのレースを展開。レース後半も後方集団に2分以上の差をつけて優位に進め、最後は2位の岩瀬一憲(48)=三重=に2分以上の差をつけての優勝となった。


 強い日差しを全身に受けながら、目の前を高速で駆け抜けるアスリートたちに、沿道からは「ワイドー」「頑張れー」の声援が送られていた。


 今大会の完走率は、184㌔が80・4%、114㌔が75・6%だった。

  • 宮古島の人口

    令和3年4月1日現在

    宮古島市 54,276 人
    27,418人
    26,168 人
    世帯数 28,389 軒
    多良間村 1,098 人
    602 人
    496 人
    世帯数 524 軒
  • 天気


  •  

    2015年6月
    « 5月   7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2