2015年6月26日(金) 9:00

「6月マミ」を脱穀/夏の風物詩

伊良部南区で小豆収穫


叩き棒を使って小豆を脱穀する西原さん=25日、伊良部長浜地区

叩き棒を使って小豆を脱穀する西原さん=25日、伊良部長浜地区

 宮古の夏の風物詩の一つ、「6月マミ(小豆)」の収穫が終盤に入り、伊良部南区の民家の庭先では、黒小豆(あずき)の天日干しと脱穀が懐かしい風情を醸し出している。


 南区は佐和田、長浜、国仲、仲地、伊良部の5集落の総称。昔から小豆栽培が盛んで、地域料理の小豆ご飯や小豆ぜんざいなどが食卓に上る。


 家庭によっては黒小豆を保存し、旧暦の8月の満月の日を含む前後に使用する。蒸し立ての餅にゆで小豆をまぶした行事料理をつくる。この餅は方言でフチャギあるいはフキャギなどと称され、漢字では吹上餅と書く。本土の団子餅に相当するという。


 収穫された多量の小豆は、庭先に敷いたむしろなどに広げられ、天日で乾燥される。茶色のさやはカラカラに乾くと、パチパチと音を立てる。さやがはじける音だ。


 長浜地区で農業を営む西原キクさん(87)は25日、長さ約40㌢ほどの叩き棒を使って庭で乾燥中の小豆を脱穀した。


 西原さんは「小豆は春に種をまいたものを収穫している。来年は米寿を迎えるので、小豆をたくさん栽培して、おいしい料理を作りたい」と意気込む。

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2015年6月
    « 5月   7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2