宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年7月31日(金) 9:05

﨑田川にせせらぎ水路/下地上地

市が水遊びの場を創設


一括交付金を活用して整備した﨑田川緑地公園=下地上地

一括交付金を活用して整備した﨑田川緑地公園=下地上地

 市は水に親しむ環境の整備を図ろうと、﨑田川(下地上地)の豊富な水量を利用した公園整備を実施している。


 﨑田川の河口付近で、沖糖宮古工場近くにある池田矼(はし)をイメージした、高さ3・6㍍の橋と、水路の両側に約12㍍の斜めの側壁を設置。宮古産トラパーチンを使用し、せせらぎ水路や踏み石、上り下りする階段を設けて水遊びの場を創設した。


 一括交付金3000万円を活用。今年度も約2000万円を掛け、水路の長さを延長する計画だ。


 担当した市環境衛生課は「周辺には水辺の生き物が数多く見られる。生態環境の保全を図りながら、自然と共生できるような施設にしたい」と話している。