宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年8月25日(火) 9:01

「理想と現実」(行雲流水)

 トルストイは『戦争と平和』で、ナポレオンによるロシア侵略を描いた文豪だが、人生論でも「他者への愛こそ真の生の表現である」と説いて、明治以降の日本人に大きな影響を与えた。彼は博愛と非暴力主義を主張、日本による日露戦争を批判した


▼そのトルストイの影響を強く受けたのがフランスのロマン・ローランである。彼はベートーベンをモデルに『ジャン・クリストフ』を書いた。その主題は「苦悩を突き抜けて歓喜に至る」人間賛歌である


▼第1次大戦が勃発した当時のヨーロッパでは愛国心による好戦ムード一色だったが、彼は絶対平和主義の立場から、反戦を訴え、国から猛烈な反発を受けた。政権維持のために、偏狭なナショナリズムをあおり、国民の不満をそらし、外に仮想敵国をつくるのは悪しき政治の常とう手段である


▼冷戦時代、核戦争の危機が叫ばれていたとき、科学者たちはパグオッシュ会議につどい「ラッセル・アインシュタイン宣言」を発表して、戦争の廃絶と軍拡競争の破棄を訴えた。シュヴァイツァーは「生命への畏敬」の思想をもとに、生命の尊厳を説き、反核・反戦運動に参加した


▼これらのヒューマニストたちは、「理想と現実は違う」と現実主義者たちに批判され、時に弾圧された。そして、悪しき現実主義者たちによって人類は狂わされてきた


▼ロマン・ローランは言う。「理想主義のない現実主義は無意味である。現実主義のない理想主義は無血液である」。理想を掲げ、血の通った現実を築くことが課題である。

  • 宮古島の人口

    令和3年3月1日現在

    宮古島市 54,965 人
    27,807 人
    27,158 人
    世帯数 28,389 軒
    多良間村 1,107 人
    606 人
    501 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年8月
    « 7月   9月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2