宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年10月16日(金) 9:03

健康長寿を盛大に祝福/「たかやま」で敬老会

舞台では琉舞などが披露された=15日、上野の居宅介護事業所「たかやま」

舞台では琉舞などが披露された=15日、上野の居宅介護事業所「たかやま」

 市社協(饒平名建次会長)は15日、小規模多機能型居宅介護事業所「たかやま」(管理者・松原静子さん)で敬老会を開催した。利用者18人が参加し、舞台の踊りを楽しみながら盛大な祝福を受けた。


 饒平名会長は「平和な世の中で健康で過ごせるのも、皆さんが厳しい世の中で頑張って来たおかげです」と感謝した上で「これからも健康に留意され、長生きで楽しくお過ごしください」と激励した。


 最高齢は98歳の上地信徳さんで、饒平名会長が最高長寿を祝して表彰した。


 舞台は、祝儀舞踊「かぎやで風」で飾り、久松中学校生徒5人による余興、カラオケ、民謡ショーなどが披露された。


 生徒5人は職場体験学習のお返しとして参加。楽しい余興でお年寄りたちを元気づけた。上野保育所の子供たちは元気いっぱいの踊りを繰り広げた。


 敬老会終了後、全参加者の記念撮影、懇親会が開かれた。参加者らは、笑顔で交流を深めた。