宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年10月28日(水) 9:04

今期の定期クルーズ終了/スーパースターリブラ

埠頭で送迎セレモニー/12回寄港で9300人来島


送迎セレモニーでミス宮古島(右2人)から花束の贈呈を受けたイエガーフォーク船長(左から2人目)ら=27日、平良港下崎埠頭

送迎セレモニーでミス宮古島(右2人)から花束の贈呈を受けたイエガーフォーク船長(左から2人目)ら=27日、平良港下崎埠頭

 定期クルーズ船・「スーパースターリブラ」(スタークルーズ社、総㌧数4万2275㌧)の今期最終寄港に伴い27日、平良港下崎埠頭(ふとう)で送迎セレモニーが行われた。同船のレナート・イエガーフォーク船長ら3人にミス宮古島から花束が贈呈された。同船は今年7月から今月にかけて、12回寄港。延べ9372人の観光客が宮古島を訪れた。今後は、来年3月末から10月にかけて、週2回の予定で宮古島への寄港が予定されている。


 セレモニーで下地敏彦市長は「定期クルーズ船が12回寄港した。この寄港よる本市の経済効果は大幅に伸びたと確信している」と謝意を述べた。

 イエガーフォーク船長は「最初は那覇を含めた宮古島への就航だったが、その後、寄港地は宮古島に絞られた。きょうが最後の日となった。宮古島で1泊するのはクルーズ船としては本船が初めてだと思う。宮古島の皆さんおかげで、大変いい航海になった。皆さんに感謝したい」と述べた。


 同船は今年7月28日から9月8日までは日帰りの寄港だったが、9月14日から10月26日までは、宮古島で1泊する旅程で寄港した。寄港は14回予定されていたが、台風の影響で2回は欠航を余儀なくされたものの、12回の寄港で9372人の観光客と、同船の乗員9336人が宮古島を訪れた。


 この間、乗客、乗員が利用したタクシーの延べ台数は920台、観光バスは179台だった。
 同船で3回訪れたという男性は「宮古島の景色はきれいだし、港での通訳などのサービスもいい。店では言葉で不自由することはあるが、店員の態度は素晴らしい」と宮古島の魅力を話した。


 また、初めてという女性は「初めてなので、どこへ行けるのか分からず少し不安な気持ちもあった。でも、通訳やガイドが親切に教えてくれ、行き先を中国語と日本語で紙に書いてタクシーの乗務員に渡してくれるなど、とても親切にしてくれた」と笑顔で話した。


 同船の今期の定期寄港は26日が最終で27日の夕、宮古島から中国のアモイに向け出港した。
 来期は2016年3月末から10月に週2回の寄港が予定されている。

  • 宮古島の人口

    令和2年12月1日現在

    宮古島市 55,032 人
    27,825 人
    27,207 人
    世帯数 28,388 軒
    多良間村 1,103人
    602 人
    501 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2015年10月
    « 9月   11月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2