宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年11月1日(日) 9:01

【ニュースウィークリー】10月25日~10月31日

ゲームなどで友情の輪築く/障がい者フェス

 「共に築こう友情の輪」をスローガンに掲げた第31回宮古地区障がい者フェスティバル(主催・宮古地区社協連絡協議会)が24日、市上野体育館で行われた。障害者や関係者ら約500人が参加。各種ゲームや舞台発表、レクリエーションを通して互いに友情を深めリフレッシュした。(10月25日掲載)


男子は下地が13年ぶり優勝/全宮古小学陸上

 第26回全宮古小学校陸上競技大会が24日、市陸上競技場で開かれた。20校から3年生以上の男女各336人、計672人の各校代表選手が出場し、トラック競技14種目、フィールド競技種目で競い合った結果、総合得点では男子は下地が13年ぶり2度目の優勝、女子は鏡原が大会初制覇を果たした。(10月25日掲載)


7部門50人稽古の成果/本社杯剣道大会

 宮古毎日新聞杯第32回全宮古青少年健全育成剣道大会が25日、旧宮原小学校体育館で開かれた。基本形式の部、競技形式の部、試合形式の小学生の部のほか、中学生と高校生男女の部の7部門に50人が出場。日ごろの稽古で鍛えた竹刀さばきを競い合った結果、高校男子は根間武志(宮高1年)が制し、同女子は羽地彩郁(同2年)が優勝した。(10月27日掲載)


下地文男さんら宮古勢3頭上位/県畜産共進会

 第41回県畜産共進会の肉用牛部門が25日、JAおきなわ宮古家畜市場で開催された。優秀牛38頭を厳しく審査した結果、糸満市の山城義光さんが所有する「ぼす3」号(成雌1類)が最高賞に当たる「農林水産大臣賞」に輝いた。宮古勢は成雌1類の部で下地文男さんが所有する「ゆりこ」号が優秀2席、ほか2頭が優秀3席に入る活躍だった。(10月27日掲載)


児相宮古分室設置を検討へ/県と市村会意見交換

 2015年度宮古管内県出先機関と宮古圏域市村との意見交換会が27日、下地農村環境改善センターで開かれた。この中で市は県中央児童相談所宮古分室の早期設置を要望。これに県側は、県と宮古島市の適切な連携体制のあり方について再検討の必要性を示し「その一環として宮古分室設置の要望についても議論したい」と回答し、分室設置を検討する方針を示した。(10月28日掲載)


「伝票改ざん要求された」/ごみ問題で請負業者

 不当投棄ごみ残存問題で現在、市議会の調査特別委員会で集中審議されている2012年度の一括交付金約3000万円を活用した撤去事業について、同事業を請け負った吉信産業は27日、市内のホテルで会見を開き、同事業の実績報告について、市側から計量伝票を水増して改ざんするよう打診があったことを明かした。(10月28日掲載)


三線演奏など伝統芸能披露/中学校総合文化祭

 第21回宮古地区中学校総合文化祭舞台発表の部が28日、マティダ市民劇場で開催された。15校から約400人の生徒が出演して三線演奏や伝統芸能を発表し、地域に根付く文化をつないでいく決意を新たにした。展示発表の部は31日と11月1日に市中央公民館で開催される。(10月29日掲載)


業者と当局見解に相違/ごみ残存問題特別委

 不法投棄ごみ残存問題の全容解明を目指す市議会の「調査特別委員会」の第4回会合が28日、市役所平良庁舎で行われた。現在審議中の2012年度の一括交付金事業を請け負った業者が前日の会見で述べた主張について当局に見解を求めた。これに対して担当職員は、業者主張の一部は認めながらも計量伝票の改ざんの指示については否定。当局と業者との言い分は食い違っている。(10月29日掲載)


建物長寿命化6次産業提言/公庫経済懇談会

 沖縄振興開発金融公庫と宮古経済界の代表らが意見交換する「2015沖縄公庫・宮古経済ワイドー懇談会」が29日、市内ホテルで開かれた。出席者からは▽省資源なストック型社会の確立を図る建築物の長寿命化▽農業の経営多角化へ向けての6次産業化の推進-など、さまざまな立場からの意見や提言があった。(10月30日掲載)


おたふくかぜ患者数が急増/3週連続の警報

 宮古福祉保健所管内の流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の患者数が急増している。同所が29日に発表した感染症発生動向の2015年第43週(10月19~25日)の週報によると、定点医療機関当たり報告数が前週の4人から6倍強の25人となり、3週連続で警報発令となった。(10月30日掲載)


14年度完工高、宮古7社入る/県内建設業ランキング

 東京商工リサーチ沖縄支店が30日に発表した2014年度県建設業完成工事高ランキング(14年4月期~15年3月期)によると、宮古関連では5位の大米建設をはじめ、共和産業や先嶋建設、佐平建設、日進電気土木、古波蔵組、尚輪興建の7社がランク入りした。(10月31日掲載)


新収蔵品展が博物館で開始/資料400点余

 宮古島市総合博物館の新収蔵品展が30日、同館で始まった。2013~14年度にかけて同博物館に寄贈および寄託された資料400点以上を展示。「忠導氏仲宗根家位牌」など歴史的に重要な資料に加え、古い民具や生活用具といった昔懐かしい資料を紹介する。収蔵品展は12月1日まで。同館では多数の市民の来場を呼び掛けている。(10月31日掲載)