2015年11月15日(日) 9:05

加持岳志(宮古島市)が初優勝/たらま島一周マラソン

360人出場、完走率は97%/女子は塚本(東京都)3連覇


最長Aコースは94人が出場。宮古島市の加持岳志47が初優勝した=14日、多良間村役場前

最長Aコースは94人が出場。宮古島市の加持岳志47が初優勝した=14日、多良間村役場前

 「楽しく走ろう 歴史が見える島 多良間島」をテーマに第18回たらま島一周マラソン大会(主催・多良間村)が14日、同島一円で行われた。最長24・3㌔のAコースは宮古島市の加持岳志(43)が1時間37分34秒で初優勝を飾った。同コースの女子は東京都の塚本恭子(39)が1時間53分25秒で3連覇を達成した。大会には4部門に360人が出場、350人が完走(完走率97%)した。


 4部門とも発着点は村役場前。島を一周するAコースが正午にスタートを切ると、Bコース10㌔、Cコース3㌔、Dコース5㌔の選手が順次出発した。


 大会本部によると出発時の気温は26度、湿度94%のコンディション。選手たちは蒸し暑さを感じる中で多良間路を駆け抜けた。


 Aコースは序盤に加持と黒島昌樹が抜け出すとしばらく並走。8㌔地点で黒島が遅れ、その後は加持が最後まで一人旅を続けた。


 加持は1㌔4分のペースを維持しながら確実に距離を刻み、初優勝のゴールに飛び込んだ。


 先月の宮古島マラソンはフルの部に出場したが36㌔地点で無念のリタイアを経験した。「きょうのレースも心配だったが乗り越えることができた。これからのレースの自信になる」などと話し、次戦の那覇マラソンに向けて意欲を見せた。


 一方、女子の部は塚本が圧勝。序盤から男子の先頭集団の後方につけて力の差を見せ付けた。


 終わってみると全体でも4位の快走でレースを締めくくった。塚本は「練習が十分ではなかったが、島の皆さんの応援を受けて楽しく走ることができた」と感謝した。「2時間を切れれば良いと思っていた。美しい海を見ながら笑顔でゴールしたかった」と話し、思い通りのレース展開に満面の笑みだった。


 そのほか、Bコースは神奈川県の大岩秀明(29)が優勝。Cは多良間小の美里鳴海君、Dは多良間中の親里来椰君が制した。


 大会には、東京都をはじめ神奈川県、埼玉県、群馬県、京都府、三重県などの本土や石垣市など島内外から多くの出場があった。


 開会式で伊良皆光夫村長は「遠いところからようこそ多良間島へ。最後まで笑顔で走ろう。それぞれの目標に向かって練習の成果を発揮しよう」と歓迎を込めてあいさつをした。


 レース前にはウオーキング(3・5㌔)もあり、村民らがウプメーカや多良間神社、八重山遠見台など歴史ロードを散策した。

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2015年11月
    « 10月   12月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2