宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年11月24日(火) 9:02

金色の稲穂奉納/宮古神社で新嘗祭

黄金色の稲穂を手に「大世栄」の踊りが奉納された=23日、宮古神社

黄金色の稲穂を手に「大世栄」の踊りが奉納された=23日、宮古神社

 宮古神社で23日、恒例の大祭「新嘗祭(にいなめさい)」が厳かに行われた。


弊殿で琉球舞踊穂花会の会主で亀浜律子練舞場代表の亀浜律子さんが美しい衣裳を着飾り、黄金色に実った稲穂を手に宮古民謡を代表する名曲の一つ「大世栄」を舞い奉納した。


 参加者らは、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、向こう1年間の豊作を祈願するとともに日本の繁栄、世の平安を祈った。


 奥間寛次神主の祝詞奏上に続いて、亀浜さんが至芸の琉球舞踊を優雅に舞った。


 弊殿での儀式後、拝殿で奉納獅子舞や奉納舞踊が披露された。また琉球國祭太鼓による勇壮なエイサーが奉納された。