宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年11月24日(火) 9:04

足ひれ付け「アヒル競争」/伊良部漁協主催

漁民運動会沸く


足ひれの音を響かせながら快走するアヒル競争=23日、佐良浜中学校のグラウンド

足ひれの音を響かせながら快走するアヒル競争=23日、佐良浜中学校のグラウンド

 「いい汗流し、明日まい大漁!」をスローガン掲げた第21回漁民運動会(主催・伊良部漁協、主管・伊良部漁協青壮年部)が23日、佐良浜中学校グラウンドで開催された。快晴の下、スキューバダイビング用の足ひれを装着した「アヒル競争」など、数多い種目で競った。観客らは、大きな声援を送っていた。


 開会式で、漢那一浩組合長が「和気あいあいと交流し楽しんでください」と激励した。来賓の下地敏彦市長は、参加者らの活躍に期待を込めた。


 大漁旗を掲げて走るリレーで幕開け。抜きつ抜かれつの競技を繰り広げた。


 たらいかみリレー(たらいを頭に乗せたリレー)では、観客らは、選手らの奮闘ぶりに大きな声援を送っていた。


 同漁協女性部は息の合った踊りを披露し、観客らを楽しませた。女性部の子供や孫たちが大きな手を振っていた。


 アヒル競争では、足ひれの音をパタパタと響かせながら快走した。


 宮古島漁協や池間漁協の関係者らが参加し、海の男の意気を見せていた。