2015年11月25日(水) 9:06

消費税完納宣言文を採択/15年度税を考えるつどい

意義や役割を確認/絵はがき・作文で29個人、団体表彰


税を考えるつどいで表彰された受賞者の皆さん=24日、平良港ターミナルビル

税を考えるつどいで表彰された受賞者の皆さん=24日、平良港ターミナルビル

 2015年度税を考えるつどい(主催・税を考える宮古島連絡会、主管・沖縄宮古法人会)が24日、平良港ターミナルビルで開かれた。消費税完納宣言文の採択や相続税に関する講演会のほか、納税表彰や税に関する絵はがき、作文などの表彰式が行われ、29個人・団体に賞状が贈られた。


 表彰式では、受賞者一人一人に賞状が手渡された後、宮古島税務署の宇栄原洋子署長が納税表彰、税務功労者税務署感謝状、租税教育推進校等税務署長感謝状受賞者に対し、「今回の受賞は日ごろの努力のたまものであり、その熱意と長年に渡る尽力に深く感謝している」と謝意を表明。税に関する絵はがき、作文で表彰を受けた児童生徒に対しては「皆さんの絵はがき、作文は多くの中から特に優秀と認められた作品。身近な税の使い道、実体験を通じて税の意義や役割を理解してもらえていることは大変心強く、頼もしく感じた」と語った。


 受賞者代表謝辞では納税表彰を受賞した渡久山和子さんが「今回の表彰は身に余る栄誉であり戸惑いも覚えるところ。多くの先輩たちや宮古青色申告会女性部の指導と協力のおかげと受け止めている。これからも貢献できるよう日々、努力していきたい」との思いを述べた。


 受賞者代表作文朗読では、沖縄国税事務所長賞を受賞した宮古高校1年の緑川颯紀さんが自身の作品「税が私に教えてくれたこと」を読み上げた。


 表彰式に先立ち行われた消費税完納宣言では「国民が安心して暮らしていくためには、我々国民一人一人が消費税の期限内納付に対する意識の高揚と納税義務の確実な履行が不可欠」などとする宣言文を採択。講演会では沖縄国税事務所資産課税課の古謝敏也課長が「よくわかる改正相続税法」をテーマに講話を行った。


 表彰受賞者は次の皆さん。(敬称略)


 ▼納税表彰=渡久山和子
 ▼税務功労者税務署長感謝状=長崎吉子
 ▼租税教育推進校等税務署長感謝状=久松小学校
 ▼税に関する絵はがきコンクール表彰(小学6年生対象)
 【沖縄宮古法人会法人会長賞】久貝友哉(佐良浜)【同女性部会長賞】上里歩(同)▽仲宗根南海(同)【特別賞】渡久山瑠衣(伊良部)▽砂川希歩(平一)▽立津睦良(同)▽山原沙利奈(佐良浜)
 ▼税に関する絵はがきコンクール感謝状=多良間小学校
 ▼中学生の「税についての作文」表彰


 【日本財務協会会長賞】花城夕梨々(下地3年)【全国納税貯蓄組合連合会会長賞】與那覇もも(平良3年)【県納税貯蓄組合連合会会長賞】伊波美涼(鏡原2年)【宮古島税務署長賞】宮國結菜(伊良部3年)【県納税貯蓄組合連合会優秀賞】砂川遼太朗(砂川3年)▽中田右納(福嶺3年)▽前泊亜実(西辺2年)【宮古青色申告納税貯蓄組合長賞】與儀琉瀬(久松2年)【県宮古事務所長賞】石垣清香(北3年)【宮古地区租税教育推進協議会代表幹事賞】安田知浩(西城3年)▽手登根光慶(狩俣3年)


 ▼「税に関する高校生の作文」
 【沖縄国税事務所長賞】緑川颯紀(宮高1年)【宮古島税務署長賞】上地百華(同)▽高吉亜季(同)【沖縄税理士会会長賞】伊良波大輝(同)【県宮古事務所長長】玉城夏芽(同)【宮古地区租税教育推進協議会代表幹事賞】下地結佳(同)▽小禄将貴(宮総実1年)

  • 宮古島の人口

    令和元年5月1日現在

    宮古島市 54,579 人
    27,494 人
    27,085 人
    世帯数 27,537 軒
    多良間村 1,145 人
    615 人
    530 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年11月
    « 10月   12月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2