宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年12月6日(日) 9:06

舞台発表や展示にぎわう/多良間村

活動成果一堂に/第1回コミュニティーまつり


舞台発表で「トウガニあやぐ」を披露する琉舞愛好会のメンバー=5日、多良間村コミュニティー施設

舞台発表で「トウガニあやぐ」を披露する琉舞愛好会のメンバー=5日、多良間村コミュニティー施設

 【多良間】第1回多良間村コミュニティーまつり(主催・同村教育委員会)が5日、同村コミュニティー施設で開催された。会場には子供からお年寄りたちが書いた書道や絵画、工夫を凝らした工作や生け花などの作品展示や舞台発表、バザーなど多彩な催しが行われた。村民多数が訪れ、生涯学習の推進拠点での活動成果に見入った。


 開会式であいさつした池城三千雄教育長は「新しい公民館が完成し、名称をコミュニティー施設と改めた。日ごろから多彩なプログラムを組んで利用者も増えている。これからも多くの人の利用を期待したい」と呼び掛けた。


 舞台発表は、琉球舞踊穂花会亀浜美智子練舞場による「かぎやで風」で厳かに幕を開けると、「がんじゅう(健康)学級」は演舞「ずみっ」で会場を沸かせた。


 「方言講座」を受講した児童たちは、たどたどしいイントネーションで多良間方言を披露し会場を笑いで包んだ。


 宮古地区の童話発表大会に出場した清村一生君(多良間小2年)、清村仁愛さん(同1年)のきょうだいは「大工とおのろく」を身ぶり手ぶりを入れて発表し、大きな拍手を受けていた。


 中学生はホームステイ報告会のほか、久志勝一君が「八月踊りを通して」と題し意見発表をした。


 バザーも盛況で、特に婦人会の豆腐を使った汁物「かすがらすじゃー」は人気を博し、販売間もなく完売した。


 まつり開会前には「グリーン・グレイシャス」と称した清掃活動を実施。多くの村民らが参加してごみ拾いを行った。


 コミュニティーまつりは「明るい村づくり・人づくりを目指すコミュニティー施設の役割について、地域住民の理解と関心を深め、今後一層の活性化を図ることを目的に開催。昨年までは「公民館まつり」だったがコミュニティー施設の完成で、今年から名称を変更した。

  • 宮古島の人口

    令和2年9月1日現在

    宮古島市 55,015 人
    27,788 人
    27,227 人
    世帯数 28,295 軒
    多良間村 1,099人
    597 人
    502 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2015年12月
    « 11月   1月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2