2015年12月22日(火) 9:05

沖糖、粗糖を初出荷/15-16年期

今期1万4950㌧見込む


粗糖の初荷1500㌧が船倉に流し込まれた。宮崎県に向けて出荷された=20日、平良港

粗糖の初荷1500㌧が船倉に流し込まれた。宮崎県に向けて出荷された=20日、平良港

 今月8日に2015-16年期のサトウキビ製糖操業を開始した沖縄製糖宮古工場は21日、製品の粗糖(原料糖)を初出荷した。初荷は約1500㌧で、宮崎県に向けて出荷された。同工場では今期、1万4950㌧の粗糖生産を見込む。


 粗糖は、サトウキビの絞り汁を下処理した後に結晶化し、さらに遠心分離機を用いて糖蜜を分離した後に残る結晶。宮古の製糖工場から出荷された粗糖は本土の製糖会社が精製し、「砂糖」として商品化する。


 船への粗糖の積み込み作業は20、21の両日、平良港で行われた。10㌧トラックの荷台からベルトコンベヤーを通して船倉に流し込まれた。周辺には粗糖の甘い香りが漂っていた。


 粗糖の原料となるサトウキビは20日現在、沖糖に1万7717㌧搬入されている。平均糖度は13・49度と操業開始当初から基準糖度帯(13・1~14・3度)内の品質を維持している。


 沖糖では今期、約13万4000㌧の原料搬入を見込んでいる。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2015年12月
    « 11月   1月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2