2016年1月1日(金) 9:00

世界王者へ視界は良好/ボクシング・フライ級

比嘉大吾(宮工卒)、着実に前進


ユースフライ級世界王者の比嘉大吾(本人提供)

ユースフライ級世界王者の比嘉大吾(本人提供)

 8戦8勝の無敗。プロデビュー以来全戦でKO勝ちを収めている。序盤から押しまくる攻撃型ファイターは昨年、世界ボクシング評議会(WBC)ユース・世界フライ級タイトルマッチを制し、ユース世界王者の座までたどり着いた。しかし目標はあくまでユースではない世界王者。「勝ち続けたい」-。闘志みなぎる表情で熱く語った。


 浦添市出身の20歳。同市の仲西中を出た後、宮古工業高校に進学し、元プロボクサーの知念健次さんの指導を受けた。才能はすぐに開花して1年のころから県内のタイトルを奪取。プロ注目のボクサーに育った。


 その姿は、元世界ライトフライ級王者で13連続王座を防衛した具志堅用高会長の目にも留まった。夢にまで見た憧れのボクサーのスカウトを受け、二つ返事でプロ入りを決めた。


 デビュー以来、勝ち続けていた比嘉に好機が訪れたのは昨年7月。若手選手の育成を目的に制定されているタイトルマッチ「世界ユース・フライ級王座」の挑戦権だ。相手はタイのコンファー・CPフレッシュマート。試合会場は対戦相手の地元タイだった。


 デビュー以来14連勝中のコンファーを相手に比嘉は序盤から攻めた。左ジャブで距離を取りながら効果的なボディーで相手の体力を奪い続けたが、会場は不利な敵地。ポイントは6回まで相手にリードを許す苦しい展開を強いられた。


 アウェーの雰囲気に飲まれそうなときに鼓舞してくれたのが具志堅会長だ。「お前は行ける。KOはこの回しかない。行け」との指示を受け、7回は精魂を込めて攻め続けた。最後は強烈な左フックを決めて初タイトルを手にした。


 11月の防衛戦にも勝利して初防衛に成功すると、比嘉の名前は一気に内外に知れ渡った。自身、世界戦に向けて着実な歩みを感じる1年となった。


 昨年を振り返り、「何よりタイトルが取れたことがうれしい。1年を通して集中できた」と話す。「自分の成長を感じることができた1年でもある。ぼくの中にはいつも宮古島のアララガマ魂がある。だから攻めるボクシングを続けることができた」と誇った。


 さらに比嘉は「原点は宮古工業のボクシング。知念監督にはプロみたいな教え方をされたが、それが今に生きている」と話した。


 今年21歳。「具志堅会長が世界を獲った年齢で自分も並びたい。そのために勝ち続ける」と誓う。「食生活を含めて、さらにボクシングに磨きをかける。そうすれば体も意識も変わってくると思うから。世界王者になりたい」-。2016年も目が離せない。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2016年1月
    « 12月   2月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2