宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年1月19日(火) 9:07

豪雨の中、1034人完走/ワイドーマラソン

100㌔石川初優勝/女子は山澤が13連覇


まだ夜が明けきらない午前5時、号砲一発、一斉にスタートする100㌔の参加者=17日、下地公園

まだ夜が明けきらない午前5時、号砲一発、一斉にスタートする100㌔の参加者=17日、下地公園

 第26回宮古島100㌔ワイドーマラソン大会(主催・宮古島市など)は17日、下地公園をゴールに行われた。最長の100㌔の部は初出場の石川佳彦(27)=徳島県=が7時間18分18秒で初優勝。女子は山澤洋子(48)=茨城県=が9時間16分17秒で13連覇を達成した。100㌔、50㌔、22㌔、10㌔、2㌔の5部門に計1454人が出場。悪天候の中、1034人が完走した。完走率は71・11%。 


 100㌔には県内外から707人が参加し、夜が明けきらない午前5時に下地公園をスタートした。


 コースは池間、来間の両大橋に加え、今回から伊良部大橋を新たに設置した。


 スタート時は小雨模様だったが、その後、徐々に天気が崩れ、昼ごろには台風並みの豪雨と強風に見舞われた。そんな中、参加者たちは、叩きつける雨に気力をふるい立たせて、冠水した道路を水しぶきを上げながらゴールを目指した。


 コース途中には、飲み物や果物を補給するエードステーションを設置。参加者たちと同様、ずぶ濡れになったボランティアが「ワイドー」「頑張れ」などと声援を送り後押しした。


 また、各交差点などに配置されたコース誘導員も、降り続く雨の中、事故防止に懸命に当たった。


 100㌔で優勝した石川は、「走り切れるのか不安になった」、女子優勝の山澤も「体を打ち付ける雨粒が痛くて、ほとんど前が見えなかった」と話し、大会史上最悪のコンディションを振り返った。


 100㌔は280人がリタイア、完走者は427人で、完走率60・39%と前回を下回った。


 ファミリーコース(2㌔)には166人が参加。ほとんどが大雨の影響を受けずにゴールイン。走りを通して家族の絆を深めた。


 大会長の下地敏彦市長は、スタート前の午前4時30分から行われた開会式で「雨にも負けず、風にも負けず、自分にも負けず、頑張ってください」と激励した。

  • 宮古島の人口

    令和2年11月1日現在

    宮古島市 55,047 人
    27,822 人
    27,225 人
    世帯数 28,391 軒
    多良間村 1,104人
    602 人
    502 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年1月
    « 12月   2月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2