2016年3月15日(火) 9:06

学校休校 揺れる思い/福嶺中

事実上最後の卒業式/「永久に不滅」願う声


新年度休校となる校舎をバックに記念写真に収まる福嶺中の生徒=13日、福嶺中学校

新年度休校となる校舎をバックに記念写真に収まる福嶺中の生徒=13日、福嶺中学校

 「われわれの誇りのふるさと福嶺が、永久に不滅であることを切に願う」。福嶺中学校で13日、事実上最後の卒業式が行われた。新年度休校を前に、生徒、学校職員、父母、地域住民の感情は静かに揺れ動いた。卒業を祝う半面、時代の流れに抗えない歯がゆさと、休校という現実を前にこみ上げてくる寂しさ。一人一人が複雑な思いを胸に、卒業生7人の背中を見送った。


 今年の卒業式も、いつものように地域の人が見守る中で行われた。「宝物」である子供たちの門出を祝いたい。小さな地域特有の光景が、そこにはあった。


 饒平名和枝校長は、そんな地域への思いを式辞に込めた。「本校教育に寄せられた理解と温かい支援に感謝します」と述べ、最後はこう結んだ。「多くの卒業生の皆さんが築き上げた歴史と伝統は、皆さんの誇りとして輝き続ける」


 教育委員会を代表して出席した宮國博教育長は「万感の思いを込めて参加させていただいた」という言葉を振り絞り、休校と向き合わざるを得ない地域住民の感情をおもんばかった。


 PTAの松川勝光会長はあふれる思いをありのままに語った。「繰り返す波のごとく永遠に。降り注ぐ太陽の光のように永遠に。われわれの誇りの古里福嶺が永久に不滅であることを節に願う」-。母校への気持ちをこの言葉に託した。


 全体合唱。歌は「旅立ちの日に」。全校生徒11人が共に歌った。少人数を感じさせない声量と安定感あるハーモニーが会場いっぱいに広がった。父母ら地域住民は、この学びやで聴く最後の合唱を胸に刻んだ。


 校門を出た卒業生の心境は複雑だった。中田右納さんは「自分なりにできることはないだろうか」と考えたという。休校のことは卒業生同士で話すことはほとんどない。「どうしても暗くなっちゃうから」というのが理由だ。「深刻な問題だけど、私一人でも考えていきたい」と話した。


 運天凱飛君は「休校は寂しいけど、仕方ないのかなあとも思う。在校生のことを考えると…」と揺れ動く気持ちを表情に浮かべた。


 式後、松川会長は「校歌を聞くとやっぱり…」と言葉を詰まらせた。「再び開校してほしいと願う気持ちはある」とつぶやきながら母校の校舎を見上げた。


 福嶺中は1949年、当時の城東中学から分離独立して開校。卒業生は計3195人。休校は初めて。

  • 宮古島の人口

    令和2年1月1日現在

    宮古島市 54,815 人
    27,629 人
    27,186 人
    世帯数 27,858 軒
    多良間村 1,122 人
    604 人
    518 人
    世帯数 512 軒
  • 天気


  •  

    2016年3月
    « 2月   4月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2