宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年4月12日(火) 9:03

「ジージー」と初夏告げる/イワサキクサゼミ鳴く

葉の上で鳴いていたイワサキクサゼミ=11日、下地地区(撮影・伊良波彌記者)

葉の上で鳴いていたイワサキクサゼミ=11日、下地地区(撮影・伊良波彌記者)

 宮古島の初夏を告げるイワサキクサゼミが11日、下地地区の草むらで出現しているのが確認され、葉の上で「ジージー」と鳴いていた。セミの仲間では日本最小。


 17日に開催されるトライアスロン宮古島大会までは個体数は増加。


アスリートが競い合うバイク・ランコースのそばの草むらでは鳴き声が響きそうだ。


 イワサキクサゼミは、沖縄本島南部以南に分布。腹部はオレンジ色で、羽の脈は緑色。体長2㌢ほど。


 この日宮古島地方気象台は最高気温26・7度を観測。4月下旬並みの気温とされる。