2016年5月14日(土) 9:06

総売上高ピーク時から4割減/県内泡盛

最新決算169億円余/販売減少に歯止めも


 【那覇支社】東京商工リサーチは13日までに、宮古地区の6社を含む県内全ての泡盛メーカー45社について実施した経営分析の結果を発表した。2014年12月期~15年12月期を対象とした最新の総売上高は、推計値を含めて合計169億2232万円で、各社のこれまで最も多かった総売上高(推計値含む)の合計299億9616万円から43・6%減少した。一方、前期の決算と比較できる36社のうち14社では対前年比で売上高を維持しており、泡盛販売の減少に歯止めが掛かってきた部分もあるとしている。


 分析は、売上高などを公表する泡盛メーカーが少ない中、同社が独自に行った。


 同社によると、ほとんどの酒造所では、泡盛と「もろみ酢」のブームが重なった2003年から05年にかけて、過去最高の売上高を記録。その後、ブームが過ぎたことや、県内9社で古酒表示違反があったことなどにより低下傾向が続いていた。


 各メーカーの最新の売上高(推計値含む)で最高は25億円。10億円を超えるのは4社、1億円未満は約半数の24社で、最少は1500万円だった。


 最新の利益(推計値含む)が判明した32社では、利益が1億円を超えたのは1社で、1千万円以上1億円未満が5社、1千万円未満が21社。赤字は5社だった。過去最高益が判明した24社では、最盛期に10社が1億円以上の利益があったと分析しており、売上高の減少に連動して利益額も縮小している。


 45社の合計売上高を従業員数で割った1人当たりの売上高は、全社平均で1918万6000円だった。最高は5428万9000円、最少は367万円で、1000万円を下回ったのは10社だった。


 宮古地区での泡盛メーカーは▽池間酒造▽沖之光酒造▽菊之露酒造▽多良川▽渡久山酒造▽宮の華-の6社。

  • 宮古島の人口

    令和元年6月1日現在

    宮古島市 54,671 人
    27,526 人
    27,145 人
    世帯数 27,554 軒
    多良間村 1,141 人
    609 人
    532 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年5月
    « 4月   6月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2