宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年5月25日(水) 9:04

県議選告示まで3日/宮古島市区 

3陣営、臨戦態勢に


 任期満了に伴う県議会議員選挙は27日の告示まで3日と迫った。定数2を争う宮古島市区に立候補を予定している3人の陣営は臨戦態勢に入る。立候補予定者は、保守系が現職の座喜味一幸氏(66)=自民公認、公明推薦=と、元市議で新人の嘉手納学氏(50)=公明推薦=、革新系は現職市議で新人の亀濱玲子氏(62)=社民、社大、共産推薦=。投票日は6月5日、即日開票される。



 今選挙は三つどもえの争いになることが確実。前回の無投票から一転、激しい選挙戦が予想される。


 保守の分裂で水面下の動きは複雑化しており、支持の拡大に向けたつばぜり合いが続く。告示後はさらに混迷を究めそうだ。


 2期8年の実績と現職の強みを生かす座喜味氏は3選を目指す。主要政策には▽付加価値の高い農水産業の振興▽人・物流コスト低減による新産業の創出、雇用拡大▽高速情報基盤の整備と観光振興▽子どもの貧困対策や待機児童の解消-などを挙げている。告示の27日は午前9時から後援会事務所で出陣式を開く。


 嘉手納氏は、「若さと行動力」をアピール。県議選初当選に向けて▽国際観光医療大学の誘致▽サトウキビの増産・反収向上▽宮古牛のブランド化と口蹄疫の侵入防止▽離島の生活コスト低減▽県アジア経済戦略構想に宮古を追加-などを政策に掲げている。出陣式は27日午前9時から、後援会事務所で開く予定。


 亀濱氏は、翁長県政を支える「オール沖縄」の立場を強調。主要政策は▽ミサイル軍事基地化に反対▽子どもの貧困対策▽下地島空港の利活用、軍事利用反対▽宮古ブランド開発とクルーズ船受け皿づくり▽多良間中の進学に伴う経済負担軽減-などを挙げる。出陣式は27日午前9時から後援会事務所で行う。

  • 宮古島の人口

    令和3年1月1日現在

    宮古島市 55,009 人
    27,822 人
    27,187 人
    世帯数 28,370 軒
    多良間村 1,101人
    602 人
    499 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2016年5月
    « 4月   6月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2