2016年6月21日(火) 9:01

150人が旧交深める/沖縄宮古郷友連合会

15年度総会・叙勲受章祝賀会


沖縄宮古郷友連合会の祝賀会・懇親会で旧交を温め合う郷友ら=18日、那覇市西のパシフィックホテル沖縄

沖縄宮古郷友連合会の祝賀会・懇親会で旧交を温め合う郷友ら=18日、那覇市西のパシフィックホテル沖縄

 【那覇支社】沖縄宮古郷友連合会(古波蔵和夫会長)は18日、2015年度定期総会と叙勲・褒章受章祝賀会・懇親会を那覇市内のホテルで催し、参加した約150人の会員らは旧交を温め合った。


 古波蔵会長はあいさつで「会員の親睦・相互扶助の精神を忘れることなく、魅力ある郷友会活動を継続していく。会員の活動の場となる連合会多目的会館の建設計画を一歩でも前進させたい」と決意を新たにした。


 祝賀会は沖縄宮古民謡協会による「とうがにあやぐ・大世栄」で幕を開けた。今年「春の叙勲・褒章」を受章した郷友5人が紹介され、出席した池間出身で旭日小綬章の上里武さん(74、那覇水先区水先人)、城辺西城出身で瑞宝双光章の謝敷正雄さん(77、元公立中学校長)、多良間出身で瑞宝単光章の野里光正さん(67、元准陸尉)、平良下里出身で藍綬褒章の森本忠明さん(72、元調停委員)に花束が贈呈され、会場から盛んな拍手が贈られた。4人はあいさつで郷友会のこれまでの支援や協力にそれぞれ感謝を述べた。


 来賓の下地敏彦市長(代読・友利克企画政策部長)は「宮古の地で生まれた先輩方の栄えある叙勲・褒章は宮古の誇り。今後とも後輩への指導を願いたい」と受章者を祝福した。福里盛雄沖縄国際大学名誉教授の音頭で乾杯した。


 舞台では沖縄宮古民謡協会や同連合会女性部の喜納貞江さんらによる日本新舞踊などが披露され、最後は参加者全員で「漲水のクイチャー」をにぎやかに踊り、郷友の絆を深めた。


 総会では15年度事業活動・決算報告や16年度事業活動計画・予算を満場一致で承認し、任期満了に伴う役員改選では、古波蔵会長ら現役員を再選した。16年度の主催事業は、11月に浦添ふ頭多目的広場で親睦グラウンドゴルフ大会、来年1月に新年会・秋の叙勲・褒章受賞者祝賀会、4月に第30回芸能まつりなどの開催を予定している。

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2016年6月
    « 5月   7月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2