2016年7月2日(土) 9:05

イセエビ漁が解禁/宮古地区

来年3月まで水揚げ


取れ立てのイセエビ(上)とゆでたイセエビ(下)をアピールする関係者=1日、市内のレストラン

取れ立てのイセエビ(上)とゆでたイセエビ(下)をアピールする関係者=1日、市内のレストラン

 宮古地区でのイセエビ漁が1日、解禁となり、生きのいいイセエビが水揚げされた。海鮮料理店の関係者らは、新鮮で旬の食材に笑顔を見せていた。来年3月まで漁は繰り広げられる。


 県漁業調整規則では、イセエビは産卵期に当たる4月1日から6月30日までは禁漁期間に設定され、体長18㌢以下は捕獲禁止となっている。


 この日の早朝、イセエビ漁を終えた宮古島漁協所属の「豊成丸」(1・5㌧、津覇高雄船長)は荷川取漁港に入港した。水揚げされたイセエビは、重さが最大で1㌔弱。1㌔当たりの取引価格は例年並みの2500~3000円。


 同漁協で開設する競り市場にもイセエビが上場され、仲買人らが次々と落札していた。


 市内でレストランを経営する長浜司さん(40)は「取れ立てのイセエビは最高においしくて栄養満点だ。ゆっくり召し上がってほしい」とアピールした。